タイミングが必要になる

外装での作業では天候の変化があるので、屋根塗装ではタイミング良く依頼するのがいいと思えます。以前、屋根塗装業者に依頼をしたいと思い、まずは調査や見積もりをとってもらいたく、そうした内容をメールしました。その業者からは、塗装作業の断りメールが届きました。内容としては、乾燥時間のこともあるようで、気温が低いと硬化するのが遅くなるようで、乾燥不良をきたすことを述べていました。また、低温化では塗料の粘度が増すようで、作業性も悪くなるようです。もちろん、冬だけお休みする事業者ばかりではないでしょうが、業者目線でなく、屋根塗装という高額な費用をかける依頼者目線であるほうが信用できます。実際に、屋根塗装を依頼した知人宅の場合には30万円もの費用がかかったようで、計画的に貯蓄しておくことも知りました。また、低温化で塗料が凍結したら、塗膜の性能も損ねるそうです。溶媒が適正な速さで蒸発しないので、乾燥不良を起こすことになったのが、知り合い宅でした。塗膜の付着力の低下があったようです。もちろん、屋根塗装では強風のときも中断せざるを得ないようで、これは作業員の安全管理に通じています。屋根にのぼり作業をするので、それが理由です。もちろん、塗装としては乾燥が早まるから行ってほしいものですが、屋根塗装業者いわく、乾燥の速い塗料も作業性が悪いようでした。同時に、風に運ばれた砂やゴミ、塩分などが塗膜に付着するからなのだそうです。