外壁や屋根の塗装前の不具合について

外壁や屋根の塗装前の不具合につきまして、屋根や外壁の不具合につきましては、塗装前に、補修が必要となります。古くなった外壁や屋根を塗り替えるのが外壁塗装や屋根塗装です。塗る前の状態がどうなっているのか、そのまま塗ってもいいのかをしっかりと判断して、不具合が出ている部分はしっかりと補修しないといけません。例えば代表的な外壁等の不具合例としては、クラックの発生である場合、軽度なクラックの場合については、塗装のみで解決できる場合があります。外壁によるひび割れの発生については、0.3mm以上のクラックを構造クラックと呼んでおりますので、放置すると雨漏りの原因にもなります。サイディングの浮き変形については、放置すると浸水の恐れがあります。浮きや変形が進むと外壁が剥がれて剥離する場合もありますので、しっかりと事前にどの辺りが変形しているか等の分析が必要となります。しっかりとした調査で、悪い部分について、補修して頂く必要があります。スレートのヒビについては、放置してしまいますと、やがては、割れや欠けに繋がってしまいます。スレートの割れや欠けについてもよくあるパターンでありまして、欠けている断片が小さい場合は問題にならないこともありますが、何でも小さなうちから目を摘んでおくことが重要で、気づければ小さな破片等についても処理して補修しておくことが無難となります。棟板金の浮きについては、固定されている状態が怪しければすぐに交換をした方が適切な方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です