外壁塗装会社はどこに頼むか

先日、私の知人が自宅の外壁塗装を行いました。以前より、「そろそろ外壁塗装をするころだ」といいながら、いくつもの会社の見積もりを取っていたのです。これまでも何度か外壁塗装は行っていて、初めてではないけれど、これまで良い外壁塗装の施工会社にあたったことがないというのが、知人の悩みでした。 広告はどれもよさそうに見えるし、その中に書かれている口コミも良いものばかり。一体何を基準に選択するといいのかということに悩んでいました。いくつもの見積もりをとっても、結局決めるのは自分ですよね。他の誰でもありません。そのため、納得いく価格とこれまでの実績で選択するしかないと決断し、一つの会社を選びました。 見積もりを取ってみると、その価格には差があり、安さに惹かれた部分もありますが、安いだけではだめだと判断し実績を加味して選択したそうです。その結果は、まずまず納得いく施行会社を選択することが出来たそう。 結局外壁塗装の会社というのはいろいろあるけれど、その中からどこを選択したらいいかというと、その判断は難しいところなのが現実です。なぜなら、外壁塗装というのは何度も行うものではないですし、忘れたころに外壁塗装の時期がやってくるというのが現状だから。そして、外壁塗装会社もさまざまなあるのでその中から良いものを選ぶのは、一般人には難しいですし、多少の知識があっても難しいところでしょう。そのため、自分の直感と相性で選択をするしかないのです。

中学生の息子らに影響を与えたベテランの塗装業者さん

私の家は高台に立っているため、屋根の上からだと相当高く感じられる。 車の買取査定同様、家の外壁塗装もネットの一括サイトで業者さんを選んだ。 私、「今日から塗装業者さんが来るから、ちゃんと挨拶をしなさいよ」 息子、「分かっている」 学校へ行くために息子が玄関のドアを開けると、家の前に脚立を積んだトラックが停まった。 トラックから降りて来た人を見て、息子は私に目を合わせた。 息子が私に目を合わせたのは、トラックから降りて来た塗装業者さんが、主人よりかなり年配の人だったから。 私、「御挨拶をしなさい」 息子、「おはようございます」 年配の塗装業者さん、「おはよう」 私、「宜しくお願いします」 年配の塗装業者さん、「こちらこそ、宜しくお願いします」 息子、「行って来るね」 私、「いってらっしゃい」 年配の塗装業者さん、「学校か?」 息子、「はい」 年配の塗装業者さん、「気を付けて行くんだよ」 息子、「はい(微笑む))」 息子が微笑みながら年配の塗装業者さんに返事をしたのは、気を付けるのは、中学生の自分より年配の塗装業者さんのほうだから。 私、「お一人でやられるのですか?」 年配の塗装業者さん、「いいえ、あとでもう1人来ます」 それを聞いてホッとした。 暫くすると、脚立を積んだ別のトラックが家の前で停まり、出て来たのは、これまた年配の人だった。 年配の2人組で大丈夫かな?と思い、来てくれた塗装業者さんの口コミサイトを確認すると、「ベテランの職人さんだけあり、良い仕事をしてくれた」、「丁寧に塗ってくれた」、「誠実な職人さんだった」など評価の高い口コミばかり。 その日の午後、息子が中学校から友達を連れて帰って来た。 私、「塗装をするのに、友達を連れて来たらダメでしょ」 息子、「スグ帰るよ」 息子は友達を2階の自分の部屋に連れて行くと、 息子の友達、「本当だ、お爺さんが塗っている」 息子、「だろ」 息子の友達、「屋根に登って怖くないのかな?」 息子、「凄いだろ」 塗装業者さんは足場の階段を使って、いとも簡単に屋根に登る。 私、「貴方達は真似しちゃダメよ」 息子、「僕達には出来ないよ」 息子の以前までの夢はシステムエンジニアだったのだが、現在は大工さん、屋根を恐れずに登る職人さんに憧れたのだろう。

ホームセンターに依頼した屋根塗装

義理の親の家は、ストレート屋根の家に住んでいます。築年数が経っており、屋根は20年以上メンテナンスを行っていませんでした。義理の両親は、近所の家から屋根のことについて指摘され、気になっていると相談がありました。白い粉のようなものが噴いていてすごく目立っているので、カビや苔が発生しているのではないかと言われたそうです。近所の家は屋根塗装を行い、きれいにしています。大掛かりな屋根の補修が必要になって、リフォーム費用がかさんだ話を聞いて怖くなったと言っていました。 夫は、屋根を見てもらうことを提案しました。知り合いの業者に依頼すると断りにくいからと、インターネットで業者を探しました。しかし、業者の数が多く、どこを信頼してよいか判断できなかったので、ホームセンターを通して屋根塗装をしてくれる業者を探すことにしました。間にホームセンターが入るので費用は高くなりますが、信頼できると思ったからです。 見積に来てもらうと、かなり劣化していると言われてしまいました。しかし、大掛かりな補修の必要はなかったので、費用を抑えることができました。義理の親の家は平屋です。足場を組む必要もなく、足場の費用も発生しませんでした。 住んでいる環境にもよりますが、屋根塗装にはお金がかかります。今後、屋根塗装を行う予定はないため、長持ちするように耐用年数が長い塗料を使ってもらいました。屋根は雨や日光による影響を受けやすいため、定期的なメンテナンスが必要なことに気が付きました。

感激できるレベルの匠ワークスについて

感激できるレベルである匠ワークスについて素晴らしいと思えた点につきましては、匠ワークスでは、自社施工だから安心できる安心の施工保証が10年あり、更に、塗料メーカーとしての認定施工店でのメーカー保証が最長15年あるものでありました。他にも、加盟店での工事保証を受けられる等非常に良質な保証を受けることができるものでありましたので、その素晴らしさに魅了されるものでありました。また、匠ワークスでは、責任工事システムとしまして、お客様のことを真剣に考えた責任施工システムであるので、工事のことであれば、1から10までお任せできる安心感を得れることができるものでありました。内装・外装・屋根工事はもちろんエクステリアその他、新築も設計から施工まで承ってくれますので、外壁の塗装以外でも幅広くお願いすることができました。また徹底したアフターケアで安心できる内容としまして、定期的に住まいの点検に来てくださいますので、住まいの痛みについて即座に発見してくれますので、良心的な内容であると思えました。大切な家のことを考えてくれて、少しでも家の寿命を伸ばす努力をしてくださいます。更に追加料金は一切0円であることと、更に助かる点としましては、工事費用については、完全に後払いで外壁塗装が終了して状態をチェックしてよく確認してから、ユーザーが納得した後でお金を払うことができるシステムにつきましても、懐が大きな業者さんであると思えるポイントでした。

宮崎の外壁塗装

友人が外壁塗装の対応を受けた時の話しです

友人が外壁塗装を受けた時の話しとなっておりますが、中古物件の住まいを購入したため、住み始めた当初から外壁が少しボロボロな感じであったようですが、まだ大丈夫だと思い数年間はそのままの状態にしていたようであり、ある日、外壁などの一部の部分にひび割れや崩れおちていた後がいくつか見つかり、流石にまずと思ったようであり、外壁塗装や修理などを総合的に対応してくれる工務店に依頼を出し対応を受けたようです。 友人には家庭があり、子供もいたりするため、なにかあったらまずいので、早めに外壁塗装と修理の対応を受けと聞いていて、依頼を出した工務店は住んでいる地域などでは名が知られ実績が多くあるところとなっていたため、迅速かつ質の良い施工やサービスを受けることができたと聞いています。 中古物件の家であったため、最初から外壁塗装などの対応は受けておけば良かったと友人は話しておりますが、数年間そのままにしておいたので、そのツケがきたと話しをしています。 修理と外壁塗装の費用もそれなりに多くかかってしまったとも話しをしていたので、費用を安く済ませたいなら、外壁の状態がある程度ですがいい時に依頼を出したほうがいいとアドバイスを受けています。 外壁は1年中ですが外にそのままの状態となっているため、雨・風・雪などにも直接触れてるので、ダメージが蓄積しているのは確かとなっています。 自分も友人の話しを色々と聞いて、外壁塗装をそろそろしてもらおうかなと検討をしている最中であり、早めに対応は受けようと思います。

友人が屋根塗装を受けた時の話しです

友人宅が屋根塗装を受けていたことがありましたが、話を聞いた時のことになるけど、雨漏りが幾つかの部分で見つかり、屋根に異常があると指摘を受けて、総合的なメンテナンスをかねての屋根塗装の依頼を専門業者に出し対応してもらったら、雨漏りなどが改善され今は安心して生活をすることができていたりします。 友人が依頼を出した専門業者は実績が多く、屋根の修理・修復・メンテナンス・塗装などを総合的に行ってくれるところとなっていたため、細かな部分までしっかりと施工をしてもらいチェックとかも徹底してくれていたとのことです。 屋根は瓦やサッシなどが使われていることが多いため、総合的に対応をしてくれるところに依頼を出したほうが良いと言っております。 雨漏りの原因となっていたのは屋根に施していた塗装がすべて剥がれてしまい、雨とか風及び雪・強風などによって瓦が破損していたり、サッシの部分に穴が開いていたりと色々と原因があったりしたため、雨漏りが複数の部分でおきていたと聞いています。 対応してくれた職人の方々も屋根の総合的なメンテナンスをしつつ、塗装も複数のものを使い対応していたと話し、遮熱や断熱効果とかも大幅に向上したと言っています。 防水効果の高い塗装とかも施しをしてくれたため、雨漏りも改善され、破損していた部分とかも新しいものとかにかえてもらったようであり、屋根としての機能をフルに取り戻すことができたとのことです。 専門業者選びも大事であると友人は言っていて、費用はかかってしまうけど、大手のところのほうが施工の仕上がりかなり良く、施工後のサポートもしっかりとしているとは話しております。

宮崎の外壁塗装

階段の塗装を依頼

私の友人は、階段が外にある家に住んでいます。そしてその階段は屋上へ行くことができるところなので、とても大切にしているのです。そこがあることで、簡単に屋上に行くことができて好きなガーデニングを楽しんでいます。そんな大きな階段があると、もしもの時も助かりますね。そこでその階段について、古びてきたのでなんとかしたいと思うようになったようです。 なんとかしたいと思ったのは、そこの塗装です。いたるところがはげてきて見た目が悪いのです。ほかの外壁などはなんともないのですが、階段が古びていると話をしていました。また困っているのは、少しカビが生えていることです。そのカビが繁殖しているところは黒くなっているみたいで、そのことでもい汚くなっているんですね。どんなに掃除をしても、汚いままなので塗装をすることにしたのです。 依頼をすると、階段の全てとその手すりの箇所も一緒に塗り替えることになりました。手すりも錆びているので、その箇所もキレイになると助かりますね。そしてそんなに時間がかかることなく、すっかり新しい階段へと変身をさせることができました。見た目は作ったばかりの階段のようです。家の外にあるので、階段をキレイに塗装したことにより家全体が少しキレイになっていました。階段の一箇所だけですが、相当かわりました。 また階段と言うと、ひび割れ等も目立つようになりちょっと危ないと思うこともありました。それも改善されたもでとてもよかったと思っています。

塗装は面白みがある

塗装業者の作業を見学する機会があって、色んな道具が使われていることや、塗料を塗るだけでなく、塗装する面をキレイにしたり、補修したりすることなど、様々な工程があることに驚きました。塗料にも素地のうつくしさを生かすためのニスやワックスみたいなものもあれば、隠すためや、ガラッと雰囲気を変えるための色の塗料もあります。我が家は砂壁なので、どうしたって砂が床にポロポロと落ちてきます。さらに湿気による問題だったり、最近では地震による影響なのか、ヒビ割れが起きています。そこで塗装業者に依頼をして砂壁の吹付け塗装をお願いする考えです。顔料・寒水・砂やケイ砂を吹き付けるようで、我が家は和室の壁面仕上げに使うことになりました。ジュラクとよばれているようで、今後、作業スケジュールをつめていきます。他にも吹き付ける塗装でいえば、大工業をしていた父に言わせれば、内外装に用いるゾラコート吹付けも魅力だといいます。光沢があって汚れにくいのだそうです。後は、外まわりとしてブロック壁で囲んでいる知人宅は、セメント砂塵吹付けだったり、スタッコ吹付けなどで粗面仕上げにしたり、見た目の変化も楽しんでいました。また、塗装は見た目を美しく見せたりするだけでなく、危険を回避するためにも利用できることを知りました。例えば、友人宅の駐車スペース、アスファルトの地面に黄色の塗料を吹き付けています。たったこれだけで、バックして駐車する際の目安になる話しでした。

耐用年数と保証期間

塗装作業において仕上がりも重要ですが、同じく、耐用年数も気にすべきです。それまで耐用年数と保証期間を混同していました。耐用年数は塗り替えをしてから年月が経って、再び塗り替えが必要になるまでの期間で、塗膜の劣化を確認しておかなければなりません。色あせから剥がれるまでには数年もの差があります。これは外壁や屋根塗装でなくとも、DIYで内装やインテリア小物の塗装をしても同じことです。問題になるのは、どの時点で塗り替えをするのかです。言い換えると、どの時点まで耐用させられるのかということになります。DIY店で聞いた話しでは、塗料メーカーではチョーキングを塗り替え時期の基準にしていることを教えてくれました。なので、塗料の缶をチェックしてみれば、10年の耐久性と記載してあれば、塗り替えて10年間は色あせからチョーキングまで起こらないということになり、浮きや剥がれは含まれていないことになります。保証期間というのは、塗料の品質や塗装の作業自体に問題があって、短期間で塗膜が剥がれたり、膨れたりした場合に、施工側が無償で補修する期間をいうようです。でも塗装工事の保証っていうのは、個人的見解ですが、微妙な問題だと思います。塗料が塗られて初めて価値を持つ製品だからで、我が家みたいにDIYで異常が発生しても、塗料そのものが悪かったのか施工のやり方なのか、下地そのものに変化があったのかあやふやです。保証はダブルでつけることは必要になるでしょう。

保証内容の意識のズレ

住まいへ関心の無い人はいないでしょう。我が家も愛着があり、やはり外壁や屋根、内装塗装は専門の塗装会社に依頼しています。10年の瑕疵担保期間がついていますし、新築時から10年の間に雨漏りをしたり、ピューピューと隙間風が吹き込むことはありませんでした。延長保証がついているから安心していた知人宅は、個人的意見ですが、損をしていると思えてなりません。家電製品や精密機器などにも延長保証がついてきますが、住宅の場合も「50年延長保証」であれば、保証料金を支払うことで50年の間に発生した欠陥を何度でも修理してくれるイメージです。でも実際は、点検と有料のメンテナンス工事を定期的に行うという内容です。知人宅の場合も「弊社が10年毎に行う定期診断を受け続けていること、そしてその結果、工事が必要と判断された時にその部分の耐久性維持のための有償工事を受けていること」と記載されていたようです。本音と建前とはいいますが、この記載内容は、主に「屋根と外壁」について書かれたものでした。屋根も外壁も耐久性を維持するため、通常10年毎の再塗装工事が必要になります。点検もその際するのですが、当然、再塗装の必要と判断されるなら、その塗装工事費用を支払って再塗装を行うワケです。支払って塗装工事を行った場合のみ保証延長となります。ですが、保証延長しても点検のみ無料ならば、わざわざ費用の割高な塗装会社(ハウスメーカー)を利用し続ける必要はないのではないかと、個人的に思っています。